八百屋も回します。PDCAサイクル。

Posted on Posted in 未分類

八百屋の運営でPDCAサイクルを回していますというと、
驚かれることがあるのですが、回しています。

 

旬八青果店で言うと、
アルバイトをしようと応募くださる方々で
PDCAサイクルをはじめっから知っている方は1~2割程度です。

 

運用の仕方としては、
アルバイト、社員関係なく日報を書いてもらうのですが、
「働いていましたよ!」の事務報告のための日報なんて全く意味が無いので、
PDCA(そこに月目標のGを加えたGPDCAが正式なものですが)の形式に則って
毎日勤務後に自分自身で振り返り、社内SNSで上長にコメントをしてもらう、
というような形をとっています。

 

八百屋業態としてPDCAサイクルを回しているところがあるかは知りません。
恐らくあまりないと思います。
伝説のバイヤー、伝説の売り場作り師、みたいな超属人的な管理の所が多いです。
それが、業界の常識かもしれません。

 

 

私の先輩が教えてくれた言葉で大好きな言葉があります。

 

「業界の常識は、失敗の常識。」

 

慣習がそれでいいのかを見極め、
やった方がいい事、やらないほうがいい事、
どんどん改革する余地があるのが八百屋業態だと思っています。