【終了】ソーセージを学ぶ講座

Posted on Posted in カルチャー講座
バーベキューの季節がやってきました!
ソーセージやフランクフルトを普段以上に食べられる方も多いかと思いますが、実はよく知らない豚肉加工品。
 
どのような原材料と工程で出来ているの?
食品表示はどのように見れば良いのか、各添加物の役割は何か。
どのような調理法だとより美味しくなるの?
 

豚肉加工品についての正しい知識を楽しく学びたく思い、こちらの講座を企画しました!

 

講師は千葉県横芝光町「フードショップいちはら」の二代目・市原昌幸さんです。

昭和51年に精肉店として創業されて以来、食肉製品の製造もご自分たちで行いつつ、美味しいお肉を追求されてきました。

 

千葉県は、実は養豚が盛んな地域であります。

豚産出額は鹿児島、宮崎に次ぐ全国3位(平成26年時点)!

元々さつま芋や米など豚の飼料として有用な作物の生産地であったことから、明治期に豚食が日本で広まると同時に養豚が発展したとされています。

 

43df7b1a846120bb95c3f10d4baeb918-e1425470458946

 

 

 

 

 

 

さらに横芝光町は、日本ソーセージの父と呼ばれる大木市蔵氏の出身町。

大木氏は日本で初めて商業的に本格ソーセージの製法を確立した人物です。

日本の食肉加工技術の系統には4つの流れ(畜産試験場流/鎌倉ハム流/ローマイヤ流/大木流)があり、このうちわが国の食肉加工に対して最大の影響を与えたのが、大木流と言われているそうです。(出典:大木市蔵WEB記念館

 

今回の講座では、そんな大木流の製法を保存料・化学調味料不使用で復刻した「大木式ソーセージ」を使って調理実演もして頂きます!

とってもジューシーで旨みたっぷりの大木式ソーセージ。

以前旬八青果店で試食会を実施した際もお客さまに大人気でした。

旬八野菜との共演もお楽しみに!

 

《イベント詳細》

▪︎内容

1.豚肉加工品の製造工程や添加物に関する座学

2.大木式ソーセージの歴史と特徴

3.大木式ソーセージの調理実演〜旬八野菜を使って〜

 

▪︎日時

2016年8月28日(日)10時~12時

▪︎会場

旬八青果店 広尾事務所(渋谷区広尾3-17-25

※恵比寿駅より徒歩約15分/表参道駅より徒歩約20分です。

▪︎募集人数

8名

▪︎参加費

2,000円/人

 

▪︎申込み及びお支払い方法

以下のいずれかの方法でお申し込みください。

(1)Peatix

リンクよりチケットをご購入ください。

 

(2)Facebook

Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。

・その後、旬八青果店 店頭または銀行振込にてお支払いください。

 

(3)メール

・こちらの問い合わせフォームより申込みメールをお送りください。題名には【豚肉加工品講座申し込み】とご記載ください。

・その後、旬八青果店 店頭または銀行振込にてお支払いください。

 

【店頭支払い方法】

「旬八大学・豚肉加工品講座」と「お名前」を明記の上、封筒に参加費を入れ、近隣の旬八青果店にてスタッフまでお渡しください。

店舗情報はこちら

 

【銀行振込方法】

以下の口座に参加費をお振込ください。

振込手数料はお客様負担となります。ご了承くださいませ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

三井住友銀行 恵比寿支店

普通 8700718

カ) アグリゲート

– – – – – – – – – – – – – – – – – –