旬八大学《バイヤー講座》

※次回4-5月開講予定※

食のビジネスを行う上で重要な「仕入」を担うのがバイヤーです。

常に変動する相場と需要を俯瞰ながら、

お店のコンセプトに合致する商品を的確な判断で買い付ける。

 

旬八青果店は「新鮮・おいしい・適正価格」な商品を

都市の生活者の方々へ提供するために、

複数の仕入れチャネルを組み合わせ、買い付けを行っています。

全国の市場や農協・生産組合、そして自社農場。

毎日市場を訪れながら全国の産地を廻り、

また様々な小売店や飲食店へ販売を行ってきた

旬八青果店バイヤーの3名が、

青果と加工品の流通構造、目利きのポイント、

具体的な買付方法や物流構築方法をお伝えします。

 

概要

開催場所 五反田オフィス(五反田シティトラストビル2F)/旬八青果店大崎店/大田市場/世田谷市場

開催日程 2016年12月3日~2017年1月14日までの土曜日または金曜日

定員   8名

講習費  50,000円(全6コマ)

※1コマ9,000円での受講も可能です。ご相談ください。

 

■■■東京都外にお住いの方へ■■■

ライブ配信にて講座を受講して頂けます(オフィス開催の第1回・第6回のみ)。

ご希望の方は本ページ下お問い合わせフォームよりご相談ください。

講座カリキュラム

  講義日 授業タイトル 講師 開催場所 講座内容
第1回
12月3日(土)午前10-12時
バイヤーの仕事の基礎
左今克憲
五反田オフィス
バイヤーの仕事とは
バイヤー目線の青果業界構造
5つの仕入れチャネル
青果と加工品の仕入と手続き
第2回
12月10日(土)午前6-9時
市場視察(1)大田市場
左今克憲・野村翔
大田市場
中央卸売市場とは
大田市場の役割と特徴
仕入れ体験
第3回
12月17日(土)午前10-12時
店舗視察
左今克憲
大崎店/五反田オフィス
旬八青果店のコンセプトとバイヤーの役割
物流の作り方
第4回
12月23日(金)午後1-3時
農場視察
野村翔
旬八農場(茨城県つくばみらい市)
旬八農場の運営と取組み
産地の開拓(訪問・視察・契約)
第5回
1月7日(土)午前6-8時
市場視察(2)世田谷市場
野村翔
世田谷市場
世田谷市場の役割と特徴
仕入れ見学
荷受会社担当者への質疑
第6回
1月14日(土)午前10-12時
総括
左今克憲
五反田オフィス
仕入れチャネルと物流と販売チャネル(プレゼン含む)
まとめ

講師紹介

左今 克憲(さこん よしのり)

株式会社アグリゲート 代表取締役/バイヤー

1982年7月7日 福岡県生まれ

学生時代に全国各地をバイクでまわり、地方に若者がいない状況を目の当たりにし「地域活性」という文字が浮かぶ。ビジネスコンテストやアグリベンチャーでのインターン活動を通じて、業界の現状を知る。人材業界で人の流れを学び、2009年にアグリゲート創業。2010年に株式会社化。地方メーカーの営業代行、コンサルティングを務めながら、バイヤーとして市場や産地に足を運び、実践でスキルを上げる。都市と地方をつなぐ1つのチャネルとして、「旬八青果店」を運営。店舗で消費者のニーズをつかみ、目利き仕入れに生かしている。
 

 

 

 
野村翔(のむら しょう)

株式会社アグリゲート サプライチェーン事業部 マネジャー/バイヤー

198722神奈川県生まれ

筑波大学生物資源学類を卒業後、地方銀行に就職。法人融資事業に従事。その後、食品コンサルティング会社に転職。青果小売業のコンサルティングを担当。安全・安心なプライベートブランドの開発等に携わった後、中国に赴任。現地の生産者の支援を行う。20158月アグリゲートに転職、旬八青果店東急百貨店や三田店にて販売スタッフとして働く。今年2月よりバイヤーを担当。現在は、市場、産地直送、自社農場の仕入れを行う。

 

 

 
松根拓乃(まつね たくの)

株式会社アグリゲート

サプライチェーン事業部 バイヤー

販売部 飲食デリカグループ メニュー開発

1986年8月3日福岡県県生まれ

鯉淵学園農業栄養専門学校卒。学生時代は農作物の知識、栽培方法等、農業と農産物について学ぶ。青果知識・商品知識に詳しい。現在は株式会社アグリゲート サプライチェーン部でバイヤーとして働きながら、飲食デリカグループに所属し旬八青果店大崎店や蕎麦屋「さ竹」のメニュー開発を行う。

 

 

お申込み・お問合わせ

 

以下の2点を記載の上【shunpachi-univ@agrigate.co.jp】までメールをお送りください。

1)お名前

2)お問合わせ内容